手術のQ&A

ここでは、レーシックに関する「手術の質問」についてお答えしております。
お客さまが手術に対して不安に感じていることを解消できれば嬉しい限りです。

手術のQ&A:目次

Q.手術の流れって教えてもらえますか?

Q.手術に年齢は関係ありますか?

Q.強度の近視でもレーシック手術は受けられますか?

Q.レーシック手術は検査から何日後ですか?

Q.手術の日に車で来院しても大丈夫でしょうか?

Q.遠くからレーシック手術を受けに行く場合は?

Q.手術の流れって教えてもらえますか?

レーシックには様々な種類がありますので、その種類によって若干異なる点はありますが、基本的な手術の流れは、5ステップで行われ、トータルの所要時間は片目で約15~20分程度の短い手術です。

STEP:1【麻酔】

点眼剤で麻酔をするとともに、目の洗浄を行います。

STEP:2【フラップ】

「マイクロケラトーム」というカンナ状の機械や、「イントラレースFSレーザー」という機械によって、角膜上皮を切り取ります。この時に切り取られる角膜上皮のことを「フラップ」と呼び、術後に再び戻して治療箇所の“蓋”にします。

また、SETEP:4でフラップを戻す際に“ズレ”が生じないように部分的に繋がった状態で切り取り、切り取った角膜上皮を“めくる”感じに、SETEP:3のレーザー照射部を露出させます。

STEP:3【角膜の修正】

SETEP:2で切り取った部分に、「エキシマレーザー」と呼ばれる機械でレーザーを数十秒間照射して、角膜の厚さを調整します。

この時、仮に眼球が動いたとしても、アイトラッカーという機能により、コンピューター制御によって正しい位置にレーザーの位置が修正されて正しく照射されるようになっています。

STEP:4【フラップを戻す】

角膜上皮であるSETEP:2で切り取ったフラップを戻します。元々の角膜上皮を戻すことで、治癒が必要な部分がフラップの切り口だけになり、当日のうちに帰宅出来るほどの快復の時間を短縮することが可能になります。

STEP:5【洗浄】

術後の処理になります。感染症などの予防の為に、患部を洗浄して終了になります。

その後、角膜上皮が自然治癒することで完治することになりますが、手術直後から完治までの間は、角膜上皮が吸着することで固定される為、殆どの場合、ズレる心配はありません。

このページのトップへ ▲

Q.手術に年齢は関係ありますか?

以下の場合に該当する方は、年齢制限によりレーシック手術を受けられません。

● 20歳未満の方(医院により18歳としている医院もあります)

身体が成長期にある場合、手術後に視力低下が進行してしまう可能性が高いため、成長期が止まってから手術を行います。

● 60歳以上の方

医師が判断して適正と認められれば、レーシック手術を行える場合があります。たとえば60歳以上で白内障を患っている方でも、白内障の治療をした後にレーシック手術を受けられる場合があります。

このページのトップへ ▲

Q.強度の近視でもレーシック手術は受けられますか?

強度近視(近視度数-14D、乱視度数-6.0Dより強い)の方で、切除する角膜の厚さが許容量を超えてしまう程の矯正が必要な場合には、レーシックのみでの視力矯正は出来ません。

レーシック手術では、角膜を削って近視を矯正するのですが、近視の度合いに比例して、削る量も多くなっていきます。角膜を削る量が増えた場合、手術の危険性も増すと考えられるので、強度近視の方には、レーシックは適した近視治療ではないと思います。

しかし、強度近視の方にもレーシック手術を受けて近視の矯正に成功した方はたくさんいらっしゃいます。よく主治医と相談し、納得してから手術を受けるといいでしょう。

また、最近では、強度近視の方には「フェイキックIOL」という方法を、医師の方は勧めているようです。

このページのトップへ ▲

Q.レーシック手術は検査から何日後ですか?

適応検査から手術を受けるまでの目安としては、1ヶ月~2ヶ月と考えてよいでしょう。

手術の前には、コンタクトレンズの装用中止期間などがありますが、ハードタイプとソフトタイプのコンタクトによって期間に違いがあります。ハードコンタクトを使用していた方は、装用中止期間が長くなります。

お仕事をされていて忙しい方は、前もって準備をしてスケジュールを組むようにするとよいでしょう。
連休中、前後などは病院は込み合いますので、レーシック手術を受ける方は有給休暇を取った方がよいでしょう。

このページのトップへ ▲

Q.手術の日に車で来院しても大丈夫でしょうか?

レーシック手術を受けた直後の運転は危険なので、お車での来院はやめましょう。

手術の翌日に視力の回復がみられると思いますが、視力の安定する1週間後ぐらいまでは、お車の運転は控えましょう。

また、夜間は「ハロ現象」「グレア現象」という光がにじんで見える症状が出るかもしれませんので、夜間に運転する際は特に気をつけてください。

このページのトップへ ▲

Q.遠くからレーシック手術を受けに行く場合は?

遠方から手術を受けに行かれる方は、病院近くのホテルで前日、翌日に安静にしていた方がいいでしょう。
病院によってはホテル代金を負担してくれるところもありますので、気軽に相談してみてください。

また、遠方からお越しの方で、手術後の定期健診の通院が難しい場合は、眼科を紹介してくれます。
その場合、検診費用は自己負担になるようです。

このページのトップへ ▲

Pick Up! → 評判の高い病院

TOP >> レーシックのQ&A >> 手術のQ&A