60歳以上のQ&A

ここでは、「60歳以上の方」がレーシック手術について疑問に思っていることについてお答えしております。お客さまが疑問に感じていることを解消できれば嬉しい限りです。

Q.60歳以上だとレーシック手術は受けられませんか?

多くの医療機関で、年齢制限により60歳以上の方はレーシック手術を受けられないとしています。

老年の方には白内障や老眼を患っている方が多く、これらの症状はレーシックによる治療では効果がありません。

しかし、60歳以上で白内障を患っている方でも、白内障の治療をした後にレーシック手術を受けられる場合があります。

レーシックによる視力回復をお望みの方は、医療機関に相談をしてみてください。

Q.老眼の治療は出来ませんか?

近年、老眼の治療として用いられている術式に、「CK」という方法があります。レーシックではレーザーを用いて治療をしますが、CKではラジオ派を用いて治療をします。

また、レーシックでも老眼に効果のある方法もあるようです。医師に相談してみてください。

Q.白内障の治療は出来ませんか?

日常生活を送る上で支障のなり程度の症状であれば、点眼剤や内服薬を用いて、症状の進行を遅らせることが出来ます。

しかし、この方法は、あくまで症状を遅らせるためのものなので、白内障の完治、視力の回復には効果はありません。

症状の悪化により手術が必要と判断された場合には、医師と相談して納得した上で手術を受けてください。

Q.何か気をつけることは?

目の健康には、規則正しい生活、食事、運動などが重要です。
意識して目を休ませたり、運動させたり、また食事に気配りをするなどが大切です。

Pick Up! → 評判の高い病院

TOP >> タイプ別のQ&A >> 60歳以上のQ&A