レーシック手術のメリット

第三の視力矯正法として認知され始めているレーシックには、コンタクトやメガネにはないメリットが多くあります。

術中・術後の痛みがほとんど無い

術中は、当然麻酔をかけて行うため、痛みは殆どありません。また、手術時間は片目でトータル10分~15分程度という短さも痛みを伴わない大きな理由になっているものと思われます。

手術時間が短い

手術は、角膜を切って手術を行いますが、切った角膜を元に戻す形で処置するため、感染などに対する処置さえしっかり行っていれば、拒絶反応などの副作用が無く、治癒する時間が短くて済むので、術後の回復が早くなります。

また、手術は当日で終わる為、入院の必要はありません。

ただし、手術の当日に車の運転などを行うことは危険だとされていますが、日常生活を送ることは可能になります。

術後の回復が早い

術後の検査は必要ですが、一般的には手術の翌日から日常生活を行うことが出来ます。

その他のメリット

レーシックの手術を受けたことで、裸眼での生活が行えるようになり、人によって様々なメリットが生まれます。

例えば、

メガネやコンタクトのケアをする必要がなくなった
眼精疲労や肩こりの軽減
メガネやコンタクトレンズの購入費、維持費が不要
コンタクトレンズによる眼病や充血などの心配が無い
メガネやコンタクトなどによるスポーツへの支障がない

他に、メガネやコンタクトレンズでは支障がある場合には、レーシックによる視力矯正が適しているということが言えます。

度数が強い為、希望するメガネやコンタクトが無い
左右の視力が大きく異なっている為、メガネやコンタクトによる矯正が困難
希望する職種によっては視力が適用にならない

などです。

Pick Up! → 評判の高い病院

TOP >> レーシックの話 >> レーシック手術のメリット