レーシック手術の合併症

レーシックは厚生省の認可がおりていることからも判断できるように、とても安全性の高い視力回復手術のひとつです。しかし、低い割合ながらも、術後に合併症が発生することも事実としてあります。

現在、報告されている合併症では、主なものとして下記のようなものがあります。

ハロ・グレア現象

「ハロ現象」「グレア現象」というのは、光の見え方に変化が起こる合併症です。

ハロ現象とは、明るい光の周りにぼんやりとモヤがかかっているように見える症状です。
グレア現象とは、明るい光がまぶしく見える症状を言います。

手術直後には、約半数の人がこれらの症状を訴えるようですが、通常は約半年~1年で改善されていくようです。
しかし、強度の近視の場合、症状が残ることがあり、明暗差が激しい夜間の運転などは避けるべきだといわれています。

ドライアイ

手術後には、感染予防や炎症を抑える為の点眼が必要になり、その影響からか術後の2~3ヶ月は涙の分泌が減少すると言われています。その為、ドライアイの症状を訴える場合が多く、その後も涙の分泌が快復されずにドライアイになってしまうことがあります。

感染症

角膜の上皮が完全に癒着し快復するまでの間に細菌が侵入し、感染症を起こす場合があります。術後の処置を怠らなければ殆どの場合起こらないようですが、万が一起こって眼球が白濁しても早期治療により治療することが出来ます。

近視への戻り

手術により一時的に視力の回復が見られても、近視の戻りが起こる場合があります。その場合には、角膜の厚みが十分にあれば再手術を行うことも可能です。

角膜上皮迷入

フラップの下に角膜上皮が挟まることで起こる合併症です。その状態で角膜上皮の繁殖(治癒再生)が進む場合があり、その場合にはフラップをめくり、入り込んだ皮を取り除く再手術が必要になります。

層間角膜炎

フラップと角膜実質層の間で炎症が起こるもので、手術後1日から1週間で発症します。点眼や内服の治療で治る場合が多いものの、悪化した場合には、フラップ下の洗浄が必要となります。

角膜拡張症

レーザーで角膜を薄く削り過ぎると、眼圧によって角膜が前方に拡張する合併症も報告されています。角膜拡張症は非常に稀な合併症ですが、起こると重篤です。

このような重篤な合併症を引き起こさないためにも、レーシック手術には最大限の安全性が求められます。

錦糸眼科では、学会の基準よりも50ミクロン多く角膜ベットを残すことで、さらに安全に配慮したレーシック手術をしています。

また、錦糸眼科では、知識の豊富な担当の医師による、屈折矯正手術の問題点、起こり得る副作用と合併症を患者さんに十分説明し、同意を得た上で手術をします。

医師が屈折矯正手術を積極的に勧めることはありませんし、納得されるまでは手術をおこないません。

少しでも疑問や不安がある場合は、理解できるまで患者さんの親身になって質問に答えてくれると評判の高い眼科です。

Pick Up! → 評判の高い病院

TOP >> レーシックの話 >> レーシック手術の合併症