レーシック手術って、違いがある?

レーシックは、術式の違いにより種類が分類されています。

種類によっては、お客さまに適不適の違いも出てきますので、主治医や検査員と相談して、自分に一番合った矯正法を行いましょう。

下記にレーシックの種類と特長を掲載いたしますので、検査を受ける時に出てくる質問の参考としてください。

レーシックの種類一覧:

● ケラトームレーシック

レーシックの基本となっている屈折矯正手術で、単に「レーシック」といった場合には、この「ケラトームレーシック」を指します。
治療のには、ほとんど痛みがない、視力の回復が早いなどの特長があります。

● イントラレーシック

近年、最も普及してきているレーシックです。
コンピューター制御によって角膜にフラップを作るため、医師の手技に影響を受けず、手術の精度・安全性の向上などの特長があります。

● ウェーブフロントレーシック

「ウェーブフロントレーシック」というのは、「ウェーブフロントアナライザー」という検査機を使ったレーシックの方法で、ケラトームレーシックとイントラレーシックのように手術法が異なるのではなく、これらのレーシックを更に精度を上げたものと言われています。

「術後の光りのにじみの減少」「ハロ現象、グレア現象などの副作用が出にくい」「乱視の矯正が可能」などの特長があります。

● エピレーシック

エピレーシックは、「エピケラトーム」というカンナ状の機械により、通常のレーシックにおけるフラップの厚さを半分にした手術方法です。
レーシックよりも薄いフラップを作ることができるので、角膜の薄い方や激しい運動をする方に向いている方法です。

● ラセック

基本的にエピレーシックと同じと言えますが、角膜をアルコールに浸して柔らかくなった角膜上皮をめくることでフラップを作成するという点が異なります。
格闘技などの激しいスポーツをする方に向いている方法です。

● PRK

PRKは、レーザーを使い角膜の厚さを調整するので、一般的には「レーシック」に分類されますが、“フラップを作らない”という意味において「レーシック」と分類されないこともあります。
角膜が薄くてレーシック手術を受けられない方や、格闘技などの激しいスポーツをする方に向いている方法です。

ケラトームレーシック

「ケラトームレーシック」というのは、レーシックの基本となっている手術法で、単に「レーシック」といった場合には、この「ケラトームレーシック」のことを言います。

この方法は、「マイクロケラトーム」というカンナ状の電動メスを使用して角膜を治療する方法です。

従来から普及しているので、最も実績が多いレーザーによる屈折矯正手術です。

かつては、マイクロケラトームの精度が低かったこともあり、様々な問題も起きましたが、年々、精度の高いものに移行している為、現在では安全性の高い術法になっています。

マイクロケラトームの問題点

近年の機械は、精度が高く、マイクロケラトームを使った手術でも安全性が極めて高くはなっていますが、問題点もあります。

マイクロケラトームを使ったレーシックの場合、機械の精度が非常に重要になってきますが、それと同様に、執刀医の技量に大きく左右されるという問題点があります。

また、フラップのエッジも大きな問題点の1つになっています。

マイクロケラトームの刃は角膜面に斜めに入っていき、角膜を切り取ります。その為、フラップの切断面は斜めに作られます。

エキシマレーザーの照射後、このフラップを戻すことになりますが、レーザーの照射により角膜が削られる為、フラップの大きさとフラップが吸着する面積に若干の誤差が生じることになります。

フラップの切断面が斜めである為に、フラップが吸着した際に誤差分フラップのエッジがはみ出てしまい、眼球にわずかな段差が生まれることになります。

フラップの吸着が強ければ何の問題もなく治癒することになり、治癒するに従って段差も無くなるようですが、吸着が弱い場合には、まばたきを繰り返すことで、段差がきっかけとなり、治癒する前にフラップがずれてシワなどになる可能性が生まれてしまいます。

このページのトップへ ▲

イントラレーシック

近年、最も普及してきているのが、「イントラレーシック」です。

ケラトームレーシックでは、フラップの作成時、マイクロケラトームを使用しているにの対して、イントラレーシックでは、「イントラレーザー」と呼ばれる機械でフラップを作成します。

マイクロケラトームでは、カンナ状の刃で角膜を切り取りますが、イントラレーザーでは、レーザーにより角膜を切り取ります。

角膜の切り取りをレーザーによって行うことで正確な切り取りが行えるようになる為、ケラトームレーシックほど執刀医の技量に左右されないという利点があります。

フラップが正確に切り取られるということは、正確に戻すことも容易になる為、フラップを戻した後の治癒にも大きな影響があります。

ケラトームレーシックとの大きな違い

ケラトームレーシックでは、角膜の切り口が斜めになることによる問題点が発生してしまいますが、イントラレーシックでは、レーザーによる切り取りの為、切り口を垂直にすることが可能になります。

その為、フラップを戻した後に段差が生じることが無く、なめらかな表面のまま吸着します。それにより、瞬きなどによるフラップのズレやシワなどが極めて起こりにくい方法になります。

ただし、問題点ではありませんが、イントラレーシックはケラトームレーシックとは異なり近年になって導入された方法である為、ケラトームレーシックに比べて実績が少ないため、今後、問題点が発見される可能性もあります。

このページのトップへ ▲

ウェーブフロントレーシック

「ウェーブフロントレーシック」というのは、「ウェーブフロントアナライザー」という検査機を使ったレーシックの方法で、「ケラトームレーシック」と「イントラレーシック」のように手術法が異なるわけではなく、これらの手術法の精度を更に上げたものと言えるでしょう。

その為、ウェーブフロントアナライザーを使ったケラトームレーシックを「ウェーブフロント・レーシック」、ウェーブフロントアナライザーを使ったイントラレーシックを「ウェーブフロント・イントラレーシック」などと呼びます。

このウェーブフロントアナライザーをレーシックに使うことで、主に下記のようなメリットがあります。

術後の光りのにじみの減少

ハロ現象、グレア現象などの副作用が出にくい

乱視の矯正が可能

ウェーブフロントアナライザーの役割

ケラトームレーシックやイントラレーシックと異なる点は、術前の角膜の解析とそれによるエキシマレーザーの照射方法です。

通常のレーシックでは、エキシマレーザーで角膜を削る際に均一に照射する為、削られる厚さも均一になります。

しかし、角膜の形状は1人1人異なっており、正確には凹凸もあります。その凹凸に合わせてエキシマレーザーの照射を変えるというのがウェーブフロントアナライザーの役割になります。

まず、手術前に角膜の形状を立体的に解析をして、その角膜の凹凸に合わせて削る角膜に深さをプログラムします。

そして、そのプログラムをエキシマレーザーに入力することで、その角膜の凹凸に応じた照射が可能になります。

このウェーブフロントアナライザーの導入により、それまで効果が無かった乱視でもレーシックで改善することが可能になり、快復後の視界もより鮮明にすることが可能になりました。

しかし、この「ウェーブフロントアナライザー」は導入されたばかりである為に幾つかの課題も残されています。

・日常生活では、昼夜の明るさの違いなどが異なる為、解析によって得られた情報が全ての環境にマッチしない。

・通常のレーシックより角膜を深く削ることになる場合があり、角膜が薄い場合、適用出来ない可能性がある。

・手術の前後でフラップの形状が変化する為、フラップによる誤差が完全に解消はされない。場合によっては、通常のレーシックと効果が変わらない場合もある。

このページのトップへ ▲

エピレーシック

「エピレーシック」は、「エピケラトーム」というカンナ状の機械を導入したことにより、通常のレーシックにおけるフラップの厚さを半分にすることが可能な手術方法です。

ケラトームレーシックやイントラレーシックなどの通常のレーシックでは、フラップの厚さは約100~200μm(1μmは1000分の1mm)であるのに対して、エピレーシックは約50μmの厚さでフラップを作成します。

これにより、通常のレーシックに比べ角膜の厚さを確保することが可能になるため、角膜厚が薄い場合でもレーシック手術による屈折矯正手術が可能になりました。

角膜は、角膜上皮(50μm)、ボーマン膜(10μm)、角膜実質(400~500μm)、デスメ膜(10μm)、角膜内皮(5μm)の5層からなっています。

通常のレーシックでは、角膜上皮から約100~200μmの厚さでフラップを作成する為、角膜実質の中間でフラップを切り取ることになります。

エピレーシックの場合は、角膜上皮とボーマン膜の間でフラップを切り取ることになる為、50μmの厚さのフラップになり、ボーマン膜の上からエキシマレーザーを照射することになります。

通常のレーシックでは角膜実質で切り取りますが、5層の角膜の中で再生するのは角膜上皮だけの為、手術後も角膜実質に切れ目が入った状態になってしまいます。

一方エピレーシックの場合は、戻したフラップはやがて剥がれ落ちて、新しい角膜上皮が再生されます。

つまり、エピレーシックはボーマン膜をレーザーで消失する代わりに、通常のレーシックに比べ強度の保った角膜になることから、眼球に衝撃を受ける可能性があるボクサーなどに適している手術法でもあります。

エピレーシックの問題点と言われているのが、術後の経過です。

通常のレーシックの場合、角膜上皮の切り口部のみの再生になる為、殆ど痛みも無く、視力が快復するまでの時間も数時間で済むと言われています。

しかし、エピレーシックの場合、結果的にフラップが剥がれ落ちて角膜上皮が完全に再生するまでに時間が必要になり、数日から1週間程度は治療用のコンタクトレンズを装着する必要があります。

また、再生期間中は痛みや眩しくて目を開けられないような状態も発生します。

他にも、通常のレーシックではボーマン膜と角膜実質の切れ込みが残りますが、エピレーシックの場合は、ボーマン膜が消失してしまいます。

この点においては、各専門家によって通常のレーシックが良いとする意見とエピレーシックの方が良いとする意見とが分かれていますが、どちらも角膜に損傷を負った状態であることには違いがなく、どちらを選択するかは、担当医と相談の上、利用者が自己責任で決めることになってしまいます。

このページのトップへ ▲

ラセック

「ラセック」は、基本的にエピレーシックと同じと言えますが、フラップを作成する際に「エピケラトーム」の代わりに、角膜を「アルコール」に浸して柔らかくなった角膜上皮をめくることでフラップを作成するという点が大きく異なります。

ラセックは、エピレーシックと同様に、角膜が薄い場合や強度の近視の場合に適している方法だと言えます。また、フラップは角膜の再生によりはがれ落ちる為、眼球に強い衝撃を受ける可能性がある場合にも適用されます。

フラップの厚さは角膜上皮分の50μmになり、通常のレーシックの半分以下になる為、フラップの扱いが困難になってしまいますが、角膜上皮が完全に再生されると手術前と同様の眼球の強度を保つことができます。

ラセックもエピレーシックと同様に、一番の問題点と言われているのが術後の経過です。

通常のレーシックの場合、角膜上皮の切り口部のみの再生になる為、殆ど痛みも無く、視力が快復するまでの時間も数時間で済むと言われています。

しかし、ラセックの場合、結果的にフラップが剥がれ落ちて角膜上皮が完全に再生するまでに時間が必要になり、数日から1週間程度は治療用のコンタクトレンズを装着する必要があります。

また、再生期間中は痛みや眩しくて目を開けられないような状態も発生します。

他にも、通常のレーシックではボーマン膜と角膜実質の切れ込みが残りますが、ラセックの場合は、ボーマン膜が消失してしまいます。

この点においては、各専門家によって通常のレーシックが良いとする意見とラセックの方が良いとする意見とが分かれていますが、どちらも角膜に損傷を負った状態であることには違いがなく、どちらを選択するかは、担当医と相談の上、利用者が自己責任で決めることになってしまいます。

また、ラセックとエピレーシックの異なる点として、アルコールの使用がありますが、このアルコールの使用による長期的な影響が現状では判明されていないため、アルコールの使用を危険視して反対する医師もいるようです。

このページのトップへ ▲

PRK

「PRK」は、フラップを作成せずに角膜屈折矯正を行う手術法です。

角膜は、角膜上皮、ボーマン層、角膜実質などの5層から成り立っていますが、レーシックを大きく分けると角膜実質で切れ込みを入れる「ケラトームレーシック」「イントラレーシック」と、角膜上皮のみに切れ込みを入れてボーマン層ごとレーザーを照射する「エピレーシック」「ラセック」などに分けられます。

一般的には、これらのレーザーを使った視力矯正手術を「レーシック」と言いますが、学者や医師によっては前者のみを「レーシック」としている場合もあります。

PRKは、レーザーを使い角膜の厚さを調整することで視力矯正を行う為、一般的には「レーシック」に分類されますが、“フラップを作らない”という意味において「レーシック」と分類されないこともあります。

PRKには大きく2つの方法があり、角膜上皮を予め除去してから、レーザーの照射を行うものと、角膜上皮ごとレーザーを照射してしまう方法です。これらは、一概に「どちらの方が良い」甲乙を付けることはできません。

この2つの方法は、角膜上皮の除去法の違いであるため、その後の治療は同じ行程になります。

角膜上皮の除去が終わったのち、ボーマン層と角膜実質を削る作業になります。この作業はエキシマレーザーで行われる為、予めプログラムされている深さなどに自動で削られます。

この治療が終わると、通常のレーシックではフラップを戻す作業になりますが、PRKの場合はフラップが存在しないため、治療用のコンタクトで患部の保護を行います。

この治療用のコンタクトは、角膜上皮が再生されるまでの間、装着していることになりますが、通常では3~4日程度で外すことが出来ますが、再生が遅い場合は1週間程度装着している場合もあります。

PRKは角膜上皮を完全に再生させる為、眼球の強度を保つことが出来るとともに、通常のレーシックに比べ視界がクリアになります。

ただし、再生時に角膜上皮が混濁する場合があり、この症状は通常のレーシックでは殆ど発生しないことから、PRKのデメリットの一つにもなっています。

このページのトップへ ▲

Pick Up! → 評判の高い病院

TOP >> レーシックの話 >> レーシックの種類